読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京王南平駅周辺

ニコ動で『一週間フレンズ。』全話パックに課金したのでこの一か月何度も見ている。頭の中が藤宮さんのことでいっぱいだ。

放送時は月曜日の藤宮さんに若き日のトラウマを直撃されてきちんと受け止めるのが難しかったこの作品。1年以上間を置いてから録画を見直して丁寧な作りに感心し、この連休にニコ動のコメント付きの動画を一通り見てさらに深い感動を味わっている。

作中で一番気になった府中四谷橋については昨年見に行ってきた。

http://d.hatena.ne.jp/spanglemaker/20150802/p1

寒くなったら他を回ろうと思いつつ気がついたら5月の連休も終わり。

これ以上暑くなっては聖蹟桜ヶ丘の坂道を上るのは苦しいだろうと思い、ここ一週間の間に学校のある南平駅周辺→藤宮さの家のある聖蹟桜ヶ丘府中駅と回ってきた。

写真多数につきまずは京王線南平駅周辺の写真を。学校以外はGPS位置情報つき。

高校の最寄り駅ということになっている京王線緑川駅、こと南平駅

EDの画角から。

熊野神社の鳥居。

近くの水路。

4話で話をしている長谷と桐生をよけて藤宮さんが歩いていく歩道。

この写真の奥の方で水平移動して右の高い歩道を通っていった。

アニメの絵では手前の道と奥の道の間に用水路でもあるのかと思ったが、実際はこの通り段差があるだけ。

上の歩道。

学校の校門。特徴的な階段はモデルの学校に実際にある。

避難所の看板は撤去されていた。避難所指定がなくなったのだろう。

Googleではまだ見られる。

以降は4話で長谷とけんかした藤宮さんがとぼとぼ川まで歩いていく途中。

カーブミラー。後ろの木ともども実在。

民家の排水。

水路。

踏切が開くのを待って線路を渡る。

水路とガードレール。

民家の脇から堤防に出て浅川。

こちらのカーブミラーも実在。

ここは浅川沿い。集合住宅の建物がコンクリートむき出しの特徴的な建築。

学校から川まで、おおむね各シーンが道順に並んでいる。この作品ではロケハンをきっちりやっていて、学校周辺は特に場所があまり変わってない。

とはいえ、ここから多摩川の府中四谷橋は相当の距離がある。橋の位置が南平寄りにある、というのがアニメの設定。

続きます。