ロック岩崎

本日、ロック岩崎こと岩崎貴弘氏が曲技飛行の練習中に墜落し、亡くなりました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050421-00000131-kyodo-soci

ご冥福をお祈りいたします。

このところ航空自衛隊のイベントは行けないか行っても遅くなって岩崎氏のアクロを見ていませんでした。今となっては大変惜しい思いです。もっとも最近氏のアクロを見たのは厚木基地のWings2000でした。写真はその時のものです。

岩崎氏は航空自衛隊の戦闘機パイロットで、退官されてからロック岩崎として曲技飛行を各地で演じていました。曲技飛行も有名ですが、航空自衛隊時代には異機種間空戦訓練において、F-104Jで米軍のF-15を「撃墜」するという伝説的な「戦果」を挙げました。

『最強の戦闘機パイロット』(ISBN:4062106728)ではF-15撃墜に代表される空戦の神髄が語られていますが、このほか、訓練生時代のひどい飛行機酔いを見事克服したことにも私は強く感銘を受けました。

53歳という年齢にもかかわらず果敢に曲技飛行に挑んだその生きざまを、私は一生忘れないでしょう。安らかにお眠りください。

最強の戦闘機パイロット

最強の戦闘機パイロット