足利市パワースポットめぐり

パワースポットとか言ってアニメ興味無い人が間違って来るようにしてみたり。

樺崎八幡宮

佐野市の道の駅どまんなかたぬまで昼食の後、国道293で足利市に入って、まずは樺崎八幡宮に参拝。

国史跡の由緒ある神社。

なのだけど、このあたりは何回も来た事があるにもかかわらず、『ヨスガノソラ』の神社のモデルだと話題になるまでまったく知らなかった。

アニメ放送も終わり、正月も過ぎて、もう落ち着いているだろうと行ってみた。

周囲はこの通り、リアル奥木染町。雰囲気のある石の橋は神社の参道。

振り返れば、アニメと同じように階段と拝殿。

ただし、階段の高さなどはアニメだと倍以上割り増してある。

そして拝殿に参拝、華美な本殿や神楽殿や天然記念物の樹齢400年の杉の木を見たりして、ふと振り返ると…、

ポスター自重(笑)。

こちらは自重しない絵馬掛け所。絵馬が少ないのは多分1月に御焚き上げしたから。

痛絵馬がかかっているがネタは違うのばかり。

神社の奥の山を登ると湖があって夜に巫女さんが…、というのはアニメの話で、実際には山の向こうは北関東自動車道。来月開通予定。すぐ近くに足利インターがある。

では湖はないのかというとそんなことはなく。

実は山の下にある。多分そんなに深くないので、飛び込んでも人生やり直すのは無理。

織姫神社

続いて織姫神社に移動。

昭和に建てられた新しい本殿はとても華麗。

眺望はすばらしく、写真は歌になった渡良瀬橋

とこれでは普通の神社みたいだが、

今は奥田泰弘氏(『魔法少女リリカルなのは』のキャラクターデザインとかの人)の描いたおりひめ様の絵馬を売っている。

そして絵馬掛け所の一部が埼玉のどこかみたいなことになっている。

ただ、絵馬を奉納しているのは地元の人々が中心らしい。

松田川ダム

最後にここまで来たのだから、と、本当のパワースポット(電力的な意味で)に行こうと、馬打峠を越えて松田川ダムに行った。

行ってみて分かったが、このダムは治水と利水が目的で、発電は行ってなかった。

ということでここは特段パワースポットではない。

ふと見上げると、杉の木がいいぐあいに色づいていた。始まる。もうじきあの季節が始まる…。