日産創立80周年記念パレード

2013年12月23日、天皇誕生日の祝日に日産自動車の横浜本社とその周辺で、日産創立80周年を記念したヘリテージパレードが行われた。

http://reports.nissan-global.com/JP/?p=5699

10時頃から記念行事が始まり、午後からパレードとのことなので、朝一で行って、パレードの前に集合した車を全て写真に収めた。

あわせて、志賀副会長や中村史郎チーフクリエイティブオフィサー(CCO)のスピーチなどを聞くことができた。
あと、集合写真にも入らせてもらった。上記リンクからフォトギャラリーに行くと見られる。顔の判別は無理だが、白い軍手でサムアップしている手はきっちり写っていた。

以下当日の写真。

240RS。デモ走行実施。グループBのラリー車として開発したが、他の車がモンスター過ぎて…、と解説があった。

U12ブルーバードSSS-R。これはSRエンジンの後期型。

910ブルーバード。箱に回帰したデザインで爆発的にヒットした。

SP213フェアレデー1200。これもデモ走行を実施。

ダットサン17型フェートンのデモ走行。

S30のフェアレディ240ZG。

R31スカイラインGTS-R。速度によって出たり引っ込んだりするGTオートスポイラーが下げ位置になっている。

R30スカイライン。セダンの鉄仮面。

B12サニーのスーパーサルーン。GLの3ATは昔乗ってたので懐かしい。隣の黄色い車はB14サニーの2ドアセダンの日本向け仕様であるルキノで、グレードはVZ-R。

K10マーチのスーパーターボ

N13パルサー。一見地味な車だがモデルチェンジした1986年に日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

N14パルサーGTI-R。

CSP311型シルビアと、その横で歓談する中村史郎CCOと日産OBの人。中村氏はこの車でパレードに参加するという。

ティーノ。3人掛け×2列シートの6人乗りという異色の車だが、まだ3ナンバーへの抵抗が強い時期だったのであまり売れなかった。

CMはMr.ビーンが登場したが、後に社長がMr.ゴーンになった。

プリメーラはこれ1台だった。P11のカミノの2.0で黒いモールとヘッドライト4灯の後期型。

日産のパイクカーシリーズ。これはフィガロ。以降の写真の50mmレンズはニッコールHC50mmF2というオールドレンズ。単焦点の標準レンズだと古くてもデジ一で普通に写る。

パオ。

パイクカー第一弾のBe-1。マーチがK11型にモデルチェンジする際はBe-1のデザイナーの人がかかわって、この車のテイストを活かしたデザインになった。

R32スカイラインのセダン。1980年代末、絶頂期にある日産を象徴する車のひとつ。この4ドアのデザインはとても好きだ。

本社ギャラリーの方もアニバーサリーモードで、壇上にはダットサン14型と写真のR380-(2型)が展示されていた。

屋外にはダットサン12型とダットサン210富士号が展示されていた。オーストラリアラリーでクラス優勝した車。反対側のフロントフェンダーが大きく凹んでいてラリーの過酷さが伝わってきた。

午後からのパレードも気になったが、写真はたくさん撮れたし、他にも行きたいところがあったので見ないで横浜を後にした。

ニホンのクルマのカタチの話

ニホンのクルマのカタチの話