レーカン!のロケ地探訪(その3)

覚えている人はもう少ないかもしれないけれど、2015年4月から全13話放送された『レーカン!』というアニメは草加や松原団地等東武伊勢崎線スカイツリーライン)の沿線が舞台となっている。

5月までに2回ほどロケ地を回っているが、最終回までの放送を受けて、まだ行っていないところを押さえてきたので写真を以下に。全てGPSデータつき。

1話アバンのリングのオブジェ。

リングのオブジェの近くの小さい祠。その後ろに見えるのが東京外かく環状道路、通称外環道。代返侍の墓は高架橋の近くの草原にあったけど、高架橋のモデルは多分外環道。ただし、外環の高架沿いは基本的に都市化が進んでいるので、ああいった野原はないし、高架橋自体も防音壁がかなり高い。

OPの掲示板をやっと見つけた。

時々出ていたスーパーの建物は、窓の形からしてモデルは草加駅

7話の初詣は西新井大師。この写真を撮るために人生ではじめて大師線に乗った。

参道も再現度が高かった。参道は普通の店舗ばかりで屋台は置く場所ないかと思ったら、境内に屋台ががあった。

12話で守屋先生夫妻が響達と話したところ。

13話Aパートの遊園地のモデルは浅草の花やしき

アニメでは実際よりかなり広い場所のように描いていたため、超広角レンズをもってしてもこの通りアニメの背景を再現することは不可能。

9月18日深夜放送の『アイドルマスター シンデレラガールズ』でも花やしきが登場したが、あの画角の写真は撮影していなかった。

意外にも鉄筋コンクリートのビル内にあるお化け屋敷。入り口はアニメでもほぼそのまま。中は撮影禁止につき写真はありません。

皆が記念写真を撮っていた鳥居は現地では気がつかなかった。Ingressのポータルでこんなのがあるので、ここがモデルかもしれない。

他にも気になる場所があるが、モデルとなる場所が実在するのか不明なため情報待ち。

当ブログではこれからも木戸衣吹さんを応援しています。