今期見るアニメ

今年の10月〜12月期は毎週これを見る予定。

今期は28本。これまでの経験をもとに話題作といえども見なくて後悔しないものは見ないという気持ちで本数を制限。やや余裕をもって日々を送ることができるようになった気がする。ちなみに10月31日の放送で『サイボーグクロちゃん』は終わるので1本減る。

それはそうと、テレ玉の再放送枠をフォローしているせいもあるが、最近は再放送が多い。逆に今まで新作が多すぎた気がするので、これはこれでいいと思う。今期は特にハルヒの再放送を評価したい。

以下新番組+αの寸評。

『Vivid Strike』

なのはVividのときこのシリーズもずいぶんどん詰まりになったなあと嘆いたものだが、主役を変え主要キャストを若返らせて再スタート。まさかのあしたのジョーフォーマット。特に4話が話題になっているが、5話もなかなか。まず4話ラストが事件にならないわけないと思ったら本当に大事になっているし、「ああいう連中は反撃されると自分がやったこと棚に上げて被害者ぶるんだよな」というのがマジでそういう展開だった。なのはシリーズを見直したというのが正直な感想。

涼宮ハルヒの憂鬱

放送順シャッフルというむちゃなのをそのまま再放送してる。この10年の絵の進歩には驚愕。今のアニメの絵のクオリティと製作本数は驚愕せざるをえない。

あと、山本寛監督の独特の雰囲気というのはやはりあるのだなあなどと思うなど。

ろんぐらいだぁす!

タイトルで東山奈央さんがまたカタナ400に乗るのかと思ったらサイクルベースあさひで自転車買ってた。3話落として心配したけどいいできだった。総集編入れてもいいのでちゃんと最後までやってほしい(2012年の暮れを思い出しながら)。

ブレイブウィッチーズ

ストライクウィッチーズはミリタリーものへの抵抗がある人に配慮したような出だしだったが、こちらは最初から強気で行っているw それにしても雁淵孝美さんが美しくてつらい。4話が1週伸ばしでつらい(これもちゃんと最後までやってほしい)。

魔法少女育成計画

好きで読んでるライトノベルがついにアニメ化。ニコ動の配信が(ユーフォニアムの配信までの間は)毎回1位になって順調に話題になっていてうれしい。あのとおりほんわかした日常アニメです。

夏目友人帳 伍

まさかの5期。2話が神。

SHOW BY ROCK!!#

順調に2期。2期も色々ネタ突っ込んである。

ゼーガペイン

放送10年目ということでテレ玉で再放送中。ちょっと前にカミナギショックがあったところ。設定は細かく考えると穴があるけど、無理やり視聴者を納得させてしまう力がある。この勢いは素晴らしい。

ステラのまほう

ノーマークだったがきらら系なので録っておいたアニメ。3話のどんなゲーム作るか分かってからがぜん面白くなってきた。自分も少々絵を描くので内容もうなづくことが多い。

装神少女まとい

「かわいいものはおっさんが作っている」と言われるがこのアニメはかなりそうなんじゃないかと。ちょっとシリアスぶっこみすぎでは、と思わないでもないが面白いのでよい。

響け!ユーフォニアム2』

あんなこじれた人間関係がそんな簡単に解決するだろうか、と思ったら以外にも無事解決。しかもちょっとうるっときた自分がいる。2期もまた神アニメ。4話の麗奈の音楽やるのはしいていえば自分のため、という回答に納得。たぶん芸術を続ける人の気持ちはそうなんだと思う。作品の完成を一番楽しみにしているのは自分自身、みたいな。

『バーナード嬢曰く』

図書館のキルミーベイベー的ななにか。

終末のイゼッタ

金曜日に見る録画が少ないので予約しておいた。思った以上にガチのミリタリーものだったので感心してる。フィーネ姫の聖君ぶりもいい。戦場のプリパラ、または戦場の舞-HiME

新世紀エヴァンゲリオン

NHKで再放送が始まった。シン・ゴジラの後に改めてみると庵野監督の画像へのこだわりがただごとではないとわかる。話の内容は貞本エヴァでだいたいわかるので、テレビアニメは純粋に視聴覚的な芸術として味わうのがいいのかもしれない。

Lostorage incited WIXOSS

主人公を高校生にしたのでふとももに目が行ってこまる。橋本ちなみさんが久々の主役。『CODE-E』の海老原千波美が橋本まいなので『CODE-E』以来かと思ってしまったが『妹ちょ』以来なので2年ほど。

『WWW.WROKING!!』

雨宮天さんがまたひどい役をw

変人ばっかりとか人間関係のこじれぐあいとか高津カリノ先生はすごいなあ。