とうぶフレンズに会いに行ったのだ!(その3)

いよいよ今日までとなった東武動物公園けものフレンズコラボ。

東門まで歩いたら「これがあの駅にあったやつ」とかいった声が聞こえた。どうも東武動物公園駅にも何かあるらしい。

というので翌日電車で行ってみたのがこれ。

駅から東武動物公園がある西口までの連絡通路にフレンズさんたちの絵が貼ってある。

通路中央はコラボポスターとイラスト。

通路の西口側から。

駅構内にも16人のフレンズが。

どれも東武動物公園にいるフレンズ。コラボ期間中はこのイラストと同じパネルが各所に建てられている(この中ではチーターさんは見逃してしまった…)。

駅のフレンズさんにはサーバルがいなかったのだけど(コラボポスターは別)、実際にはサーバルのパネルも園内にはある。一番の人気フレンズでも飼育していないので展示しないという節度ある態度はとてもいい感じ。

駅構内には宮代町の特産品の展示コーナーが。これは常設。右にヘラジカさん役の國府田マリ子さんの写真とサインがある。

けものフレンズ』はニコニコ動画で事前配信されていた「新春!サマーパーティー」があまりに狂気に満ちていたので見ることを決めた。1話が微妙に思えたけど、サマーパーティーのノリはどこかで出るだろうと信じて見続けた。

そして気がついたら、けものフレンズ現象というべきムーブメントが日本を動かしている。

自分にとっては動物ネタがマニアックぐらいに思っていたのだけど、どうも多くの視聴者はそれ以上のものを受け取っていたようだ。

けものフレンズがなぜ人気が出たのかをかしこまって分析するようなことは自分には無理だけど、そういえば、と思うのは、この作品では「健全な自己愛」を描いていたのではないかということ。

http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1488452395

上のリンク先を読むと、「原作は「動物」」というプロジェクト全体の理念がまず示されている。

その中で、アニメ化にあたり大きい制約になったのが、捕食行動や繁殖などが描けないということ。

梶井:『けもフレ図鑑』も同じです。見ていただければわかるのですが、なるべく「雌雄の違い」とか「生殖や交尾」、「食性」を書かないようにしてるんです。それ以外で動物を紹介しなければいけない、けっこうつらいんです。

http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1488452395

動物を美少女にするというアイデアではこれはしょうがない。その中で動物らしさの表現として活かされたのが各動物の習性の細かいネタ。

それから、これは多分だけど、動物ならではの、ゆるぎない自己肯定感も意識されていたのではと思う。

動物の内面など分かるはずもないのだけど、どの動物を見ても、人間のように自分は価値がないとむやみに自己否定したり、逆に自我が肥大して言動に歯止めが効かなくなったり、ということはないように思える。

それぞれのフレンズが自分の得意なことも苦手なことも含めて自分は自分だと認識し、健全な自己愛を持っているというのが感じられて、アニメは見ていて心地よかった。くよくよするキャラクターがいても、各話で解決されていた。

そして、自己愛を認識すれば、他人にもそれぞれ自分に対する誇りがあると理解できる。その共感が自分と違う他者を認め尊重することにつながってゆく。

アニメは、「フレンズによって得意なこと違うから」などのセリフにそういう感覚が濃縮されていると感じる。

動物は他者を尊重する心はあまり強くないように思うので、ここはフレンズ化して人の知能を手に入れた結果身につけたものだろう。

自立した自己が他者を認め合い、連携して大きい困難に立ち向かう。そんなスケールの大きい作品だったのだなと振り返って思う。

昨今話題の「ダイバーシティ」の概念をよく表している。いくらかの百合要素に目をつぶれば(できるのか?)学校の教材にしてほしいレベル。

一方で、

ここでは詳細は示さないが、小児科医の古庄氏らの調査においては、日本の子供は、他の先進国と比較したとき、際立って自己評価が低いことが示されている。(岩波明:『他人を非難してばかりいる人たち』、幻冬舎新書

といった話があり、健全な自己愛を描くということは潜在的な需要が実はかなりあったのではないかというような気がする。

「すっごーい!」がバズワードになるのにはかなり切羽詰まった理由があったのではないか、という推測。

さらっと書くはずが案外語ってしまった。次は園内のパネルの捜索結果を記事にします。

とうぶフレンズに会いに行ったのだ!(その2)

前回は「科学」タグだったけどその2は「アニメ」タグ。

東武動物公園で撮影したものからけものフレンズの作品により近いイメージの写真を。

まずは動物紹介コーナーの背景。

2話のコツメカワウソさん。ケージ内の写り具合から撮影位置を決めたけどケージに正対できなくてパースがついてしまった。アニメの写真は消失点が右に寄っているのでトリミングしてあるようだ。

5話のアメリカビーバーさん。後ろの木は夏になってすっかり葉が生い茂っている。

6話のライオンさん。実際の撮影位置はもう少し左だった。

7話のワシミミズクの助手さん。

事前情報で聞いていた通り、実はシロフクロウのケージ。助手さんは「森の教室」にいるらしいので次行ったとき確認する予定。

「お前がそう思うんなら、そうなんだろう。お前ん中ではな」

シロフクロウ見るたびにこのセリフを思い出してしまう。

10話のアミメキリンさん。実際の撮影位置はもう少し前。

11話のヒグマさん。実際はもう少し短いレンズで半歩前で撮影しているらしい。

けものの方のヒグマさん。ベルトコンベアで運ばれるおやつ待ち。

園内の随所にあった熊本市動物園募金箱の案内。ヒグマバージョンのくまモンはちょっとこわい。なにしろメロン熊の熊ですからね。

以上6箇所が東武動物公園

全12話のうち6話に東武動物公園のおにいさんおねえさんの解説があったので、これだけ協力していればコラボも納得。アニメと動物園でまさにwin-winな関係。

ジャパリパークの遊園地要素も、多分に東武動物公園が影響していると思う。

たとえばこの木製立体迷路は4話の地下の迷路とイメージが似ている。

12話でコツメカワウソさんとプレーリーさんが立ってた空中のレールもすぐこれを連想した。

まあ観覧車は新しくなったから安全安心だけど。

EDの遊園地+ローマ水道の元画像の写真は全て国外と聞いているが、ある程度イメージが似た感じの写真は東武動物公園で撮れる。

なお、木製ジェットコースター「レジーナ」はまともに撮影してなかったので、昨年「新しい村」から撮影した写真。

この頃はまだ古い観覧車があった。

「新しい村」は宮代町の特産品が買えるし森や池の風景がいい感じなので、東武動物公園に来て(さらに歩く余裕がある場合は)寄ってみるのがお勧め。

宮代町で栽培したブドウを使ったワインも売られている。

自己スキーマ【通常盤】

自己スキーマ【通常盤】

とうぶフレンズに会いに行ったのだ!(その1)

けものフレンズ』とコラボ中の東武動物公園。コラボ開始当初とゴールデンウイークは混雑が予想されるので、6月まで待って行ってきた。

この日は快晴。空いてる雨の日ぐらいを考えていたが、この天気でも車が置けないとか人混みで困るということはなく、無事楽しむことができた。

まずは動物の写真を中心に第1報。

西ゲート前のけものフレンズコラボポスター。

アライさんとホワイトタイガーさんのポスターパネル。声優の人のサインはマジックで直接書かれている。

冬が終わって鳥舎に入れるようになっていたので中へ。ショウジョウトキさん。赤い。

ホンドリスさん。

西園の売店・食堂では菓子などを販売(店により売っているものが違うので注意)。

裏面は「恋するグレープ」の案内。

レッサーパンダさんは暑くてだらけているw

リスザル舎も入れるようになっていて、最近見ないと思って気になっていたカピバラさんにも遭遇。

アライさんも寝てる。

あの人たちも泳ぐのは得意だけど日向で寝て体を乾かしてる。

ジャパリパークのジャパリバスはサーバルベースのデザインで耳があるけど、東武動物公園のジャパリバスのアラシ号はペンギンベースで頭がついてる。専用路線を快走して広い園内を楽に移動できる。

久しぶりに東ゲートまで歩いた。

記念メダル販売機。刻印マシンにCRTのモニターが。

カバのオブジェ。開園当時はかば園長だったなとか思い出す。

東ゲートのポスター。こちらもサインは手書き。コスプレ更衣室も用意してあって、前回来た時もレイヤーさんが普通にいた。

鉄道路線もあるのでSL(サンドスター・ロコモーション)と遭遇。

県立白岡高校の吹奏楽部の演奏があった。なんと「ようこそジャパリパークへ」も演奏。聴衆ににレイヤーさんが。

シマウマさんとアミメキリンさん。

ヒョウさん。

チーターさん。

どちらも歩いている動物を追って金網にピントが合うのを避ける形で撮影。構図とかブレとか出るけど一応金網は抜ける。

チーター舎のけもフレパネルは見つけられなかった。

ライオン舎。暑くてすみんなだらけてる。奥のメスはすごい恰好。手前のオスはお宝が伸びきってる。

ホワイトタイガーさんもだらり。

アフリカゾウさんは餌やり体験実施中。

「私に大口勝負を挑むなんて、いい度胸してますわね」

「フルルー」

なお、グレープ君はパネルに慣れてもう関心がない様子。写真のフレンズは腕輪から分かるように別の個体。

2月には寒くて集まって固まってたマントヒヒさんもすっかり元気に。

前回絵にならないので撮ってなかったアメリカビーバーさん。この日も暑くて穴の奥にこもっていた。

エミューさん。

恐竜が絶滅したってのは嘘だっていうのが分かる写真。鳥は恐竜の直系の子孫。というかほぼ恐竜そのもの。

エミューとかがいるふれあいどうぶつの森の店、「わとと」でけものフレンズの缶バッジ等を販売。売り切れとかは特になかった。

フクロウさん。

この広い園内を端から端まで歩いたのは子供が小さかったとき以来。けものフレンズは中高年の運動不足も解消してくれる素晴らしいプロジェクト。

前回と違ってこのときは家族連れとは違うにんげんのフレンズもいてアニメのメガヒットを実感した。

で、前述したように東武動物公園はコスプレ更衣室があるのでマジもののフレンズさんも何人かいた。

しばらく面白いことが続きそう(普段がつまらないわけではないので継続して訪れてほしい)。

アルパカさんとワシミミズクさんがいないなーと思ったら「森の教室」にいるとのこと。アルパカさんは暑いので夏場は屋内だという。そういえば埼玉県こども動物自然公園で屋外にいなかったのもそういうことか。

動物紹介シーンの背景の場所や吉崎観音先生のパネルなどはまた後程。

北宇都宮駐屯地開設44周年記念行事

5月28日開催。ほぼ晴天、暑すぎずいい天気のイベントだった。

ただし地上展示や飛行展示は昨年同様あまり派手ではなかった。

とはいえ、自衛隊、民間ともによいものが見られて充実したイベントだった。

祝賀飛行のためヘリコプターが一斉に離陸。写真はブルーホーネット。

UH-1Jのスペシャルマーキング。

練習ヘリコプターTH-480B。これを教官が操縦して超絶技巧を見せつけるのが飛行展示チーム、「ブルーホーネット」。

富士FA-200エアロスバル。ビンテージエアクラフトの感があるが今年も北宇都宮に3機集結。

北宇都宮駐屯地記念行事は、実は民間の軽飛行機が多数集まるゼネビアイベントとしての面もある。特に今年はいろいろ興味深い飛行機が展示されていた。

写真はビーチクラフのトボナンザE33。ブライトリングのDC-3と熊本~岩国の飛行展示に同行し、その後宇都宮に来たとのこと。

新しい機体、シーラスSR20。非常時に飛行機ごとパラシュート降下させるというラジカルな安全装備をもつ。

ものすごい未来的な形の双発機がいた。

オーストリアのダイヤモンド・エアクラフト社製DA42。

4人乗り引込脚の双発機。

エンジンは2000cc直列4気筒ディーゼルエンジンを搭載する。

固定翼機でディーゼルの実用機は現在唯一。過去にもわずかしか例がない。

航空機用レシプロエンジンガソリンエンジンが主流だが、燃費の良さと、ジェットエンジンと燃料を共通にできるというメリットがディーゼルにはある。

近年のディーゼルエンジンの進歩で航空機への搭載が可能となったもの。

Austro Engine AE 300はダイムラーのエンジンがベースで、V37スカイラインにも搭載されているM274ガソリンターボエンジンとボア×ストロークが同じ。DA42の開発にメルセデスベンツも参加しているとwikipedia情報。

自動車用エンジンが小型高出力になったので航空機にも応用できるようになった、というのが大筋だけど、ただ、調べたところではM274系エンジンに乗用車向けディーゼルエンジンがないので、この機体用にディーゼル化したのか、他の用途のディーゼル型を応用したのかまでは分からない。

ターボチャージャー装備で1991ccの排気量にして最大出力134.6馬力だからNAのガソリンエンジン並み。上昇時などエンジンを長時間高出力にしなければいけない航空機用エンジンでこのようなハイスペックというのはさすが現代の技術。

エンジンの燃費のよさによるためか航続距離1661kmとある。双発で出力に余裕があり、故障に対する冗長性もあるとのこと。

燃費がいいのでCO2排出量の面でもディーゼルエンジンはメリットがあるが、バイオ燃料ディーゼルエンジンの方が使いやすいので、環境面での優位性をアピールできる可能性もある。

不勉強でこの日まで存在を知らなかったが、すでに多数売れていて調査監視や国境警備などの用途にも使われている。民間の他軍用機としての採用もあり。

レシプロエンジンと聞いて納得のエンジンナセルのデザイン。操縦席はグラスコクピット

飛行展示。まずはブルーホーネット。割と近くを飛ぶので手前の機と奥の機でピントが違う。

飛行展示後に式典会場に1機ずつ挨拶。

UH-60JAの飛行展示。

AH-64Dの飛行展示。あえて後ろに場所取りして人垣の向こうからの離陸を撮影。

航空祭あるあるの飛行展示のときだけ曇りw アパッチの飛行展示時は場所により日が当たるところがあった。

何枚も撮っていると中の人の顔が撮れたりする。

続いて救難展示。写真は栃木県の防災ヘリコプターベル412EP「おおるり」。

栃木県警のBK117「なんたい」。今年もパイロットは女性。

自衛隊からはUH-60JAとUH-1Jが参加。

飛行展示を終えた「おおるり」のクルー。

売店に行ったら萌えキャラが。ブルーホーネットのイメージキャラクター蒼月遥。

売り場は栃木県防衛協力協会。スカイホーネットの頃は特にグッズなどなかったと記憶するが、ブルーホーネットはTシャツ等がありしかもけっこう売れている。

TH-480Bは飛行性能ではOH-6Dに及ばないけど、軍用機らしからぬメタリックブルーの塗装と、最近の自衛隊人気との相乗効果によるためか、ブルーホーネットは栃木のブルーインパルス的な人気になっているように感じた。

第13回足利ひめたま祭

2017年5月21日開催。

足利ひめたま痛車祭は何年も前から参加させていただいているイベント。好評なため回を重ねるごとに規模が大きくなり、昨年体制を一新してより大きいイベントとして再生した。

第13回は自分にとって新しい形のひめたま祭への初参加。カメラマン登録料1500円を手に意気軒昂と会場に向かった。

会場は川の両岸にわたり、出展される痛車の総数約600台。東武足利市駅前のミヤコホテルが更衣室を提供、送迎バスも出してコスプレの人に大いに配慮。運営スタッフが全力で開催する北関東随一のオタイベント。

この日は隣の館林市で気温35.3℃を記録するなど暑さは厳しかったものの、まだ5月で吹く風は気持ちよく、なにより晴天で写真を撮る意欲がはかどる天候だった。

以下当日の写真とコメント。

なのはさんMRワゴン

屋根の等身大ドールなのはさん

ミリタリー勢のみなさん。

アクア様アコードEuro R。

ソードカトラスを構えるレヴィさん。

ついに一ジャンルを確立したミリオンのシアター組。七尾百合子CR-Z

北上麗花とロコのミラ。

最上静香と北沢志保のワゴンR。

伊吹翼ロードスター

後で写真を確認して気がついた最上静香コペン

新興勢力けものフレンズからアルパカさんのトラック。

サーバルS30Z。エンジンは右の台車にあってまだ未装備。右ドアが「すしざんまい」なのは後で気づいて笑った。

なんと今回は午後に結婚式が行われるという。末永くお幸せに。

カプチーノとドール4人。

亜人ちゃんは語りたい』のハスラー

ガルパンFD。

バンドリ!』から戸山香澄C-HR。

キルミーアウディ。放送中にはなかったキルミーの痛車が今は普通にあるという。それもアウディとか高級車でw

冴えない彼女の育てかた』の3人のヒロイン。超広角レンズで上から。

高垣楓さんCBR250R。

フレンズ化したアライさんとフェネックさんのエイプ50。

けいおんインテグラ。絵はなんとカッティングシートの手切り。

この華やかさ。

隣のアイカツミラジーノもカッティング。

高槻やよいノア。ハシゴが用意してあったので少し登って屋根を撮影させていただいた。

ばくおん!!』のバイ太仕様のCB。

アイカツ勢に懐かしのいすずジェミニ発見。キャラは『アイカツスターズ!』から如月翼。

一瞬誰かと思ってよくよく見たら『true tears』の安藤愛子だったアルテッツァ

S13と180SXの兄弟車3台。手前は『君の名は。』の三葉。

ポルシェ924で『鷲尾須美は勇者である』。

中橋を背景に井口裕香さんと愛子さん。

閃乱カグラS15とコペン3台等。会場規模が大きくなってこんなところまで展示スペースになってる。ここにもDJと屋台あり。

最後に春日未来スターレット。後ろのトラス橋は歌で知られる渡良瀬橋

この後駅に戻って帰路へ。

駅で電車を待ちながら、降りてすぐミヤコホテルの更衣室、土手の向こうが広い会場、という足利でイベント開催する地の利をあらためて思った。夏と冬はお台場、春と秋は足利、と言われるぐらいこのイベントは長く続いて発展してほしい。

渡良瀬橋

渡良瀬橋

埼玉県こども動物自然公園ふたたび

2か月前に行ってきた埼玉県こども動物自然公園。体調が今一つだったので頓服薬を飲んで出かけるもやはり調子が悪く、早々に帰ってくることになってしまって見られなかったものが多かった。

しかも、行きは事故渋滞、帰りは鴻巣市のマラソン大会の渋滞とかで往復に難儀し、帰ったら不注意で頭をしこたまぶつけて歯医者に行くはめになるというさんざんな一日だった。歯医者がすぐかかれてしかも樹脂で修復して終わりというのだったのがせめてもの救い。

というのでGWが終わったこともあり先週末ふたたび訪問。

駐車場は普通の週末なら午前中に行けばまず置ける感じ。

そして入場。

あなたは、ヤギですね!

石積みの壁がちょっとだけジャパリカフェっぽいもりカフェ。

北園から橋を渡って東園へ。ふり返るとゲートがあってセルリアンがいても不思議じゃない感じ。

前回見られなかったカピバラさん。

冬場はここでお風呂に入るんだよよよ。

ひさしぶりにカピバラ充できた。

コアラは熟睡中。

ろっじ感のあるコバトンロード。

ニホンカモシカさんに遭遇。

山を登っていくとジャパリバスの車両基地

ヘラジカ一味がいそうな竹藪。レッサーパンダのエサを育てている。

世界最小のシカ、プーズーさんの親子。子供は大きくなってる。というか親の方を子鹿だと思ったぐらいプーズーは小さい。

鳥インフルエンザ対策の閉鎖が解かれたのでペンギンヒルズに入ってフルルさんたちをながめる。

移動中に放し飼いのマーラに遭遇。マーラ奥様インタビュー(義務感)。

ヒトに遭遇したので「りょうり」を作ってもらった。われわれはかしこいので(鶏肉入ってるけどキニシナイ)。

ワオキツネザルさんのファミリーとかもいた。

ここもショウジョウトキさんがいる。ただし観察・撮影は至難w

カメラは主にD700に28-300mmのレンズ。手前の網にピントがいったん合ってしまうので、その後手でピントを調節して撮影。

なかよしコーナーの13時からの小動物ふれあいタイム。子ウサギ可愛すぎ。

撮影はニコン1V3でタッチパネル使用。レンズは10-30mmPD。20cmまで寄れるので小動物には便利。

ハリネズミさん。名前は宗次郎ではないらしい。

アミメキリンさん。かしこそう。

最後にシラコバトさん。今回はまともに撮れた。というか正門入ってすぐのところにシラコバトのケージがあったとは。

こちらの撮影はレンズをケージに密着させて網目を消す手法。

シラコバトは野生のは見たことがないが、調べると最近は数が増えてきていて北関東にけっこう広くいるらしい。

手元の『フィールドガイド日本の野鳥』を見るとユーラシア大陸に分布域があり、飛び地のように関東地方にも分布域がある。江戸時代に放鳥されたものが野生化したという説があるとのこと。一方自然の分布だとする説もある。

外出時は野生のシラコバトがいないか注意してみよう。

同じケージにキジもいて見事な色合い。とはいえ見栄えがしないのであまり写真は撮らず。キジは河川敷などに普通にいてやはり野生のやつのほうがかっこよくてきれい。

パンフレットによると東園の奥の奥に「カンガルーコーナー」があると分かり、また行かねばと思っている。

フィールドガイド日本の野鳥

フィールドガイド日本の野鳥

元越谷市民が【メイドラゴン】のロケ地に行ってみた。(その2)

越谷はいつでも行けると思っている間に放送が終わって5月になってしまった。

本日電車でちょっと行って散歩、といった感じで越谷市再訪。

前回撮ってなかったエスカレーターからの写真。

5話のトールファフニールさんが会話していた交差点。

4話の東屋。

引きのカットもあったので換算18mmの超広角で撮影。木とか一致せず。

12話アバンの東屋。

市役所との配置がおかしいと思ったら、4話の東屋に対して葛西用水の対岸に同じ形のがもう一つあったとは。

3話の引越しで近くになったしらこばと橋。

4話の狂乱のドッヂボールが行われた東越谷ボタン公園。

藤棚。藤はなかったけど公園ではちょうど牡丹が見ごろ。

5話の遊具や藤棚のベンチはここかと思ったら違って、2話のシーソーの公園だった。

東越谷ボタン公園の奥に金網が見えるのでもしや、と思って行ってみたら、13話でカンナちゃんと才川がナズナを摘んでいた場所を発見。

市役所の近くだと思っててGoogle Earthで探して見つからなかったので困ってたところだった。場所が分かってよかった。

次は11話の初詣の神社に…、と思って検索したら特定されてないようだ。越谷の久伊豆神社ではないと。神社そのものはお参りに行くとして、調査を続けたい。