Great Spangled Weblog

コメントははてなにログインすると可能になります(SPAM対策です)

殺戮の天使二次創作メイキング

今月になって始めた『殺戮の天使』の二次創作の投稿までのメイキングです。下手な雑描きが「作品」になるのは才能がどうこうではなく、作品になるまで仕上げてゆく手順と作業です。

仕上がりをイメージして手順を考え、実際に作業する。そのために資料を用意したりソフトの使い方を覚えたりする必要がありますが、どれも必要と思えば手に入るスキルと考えます。

事前にあるていど落書きをしながらこの作品の二次創作はどうしようかと考えましたが、ぱっとひらめいたこの絵を進めていこうと思いました。アニメEDの後に続く場面があるとしたらこんなことかもしれない、という簡単な発想です。

A4のスキャナでスキャンすることを考えて、先ほどのラフ画を見ながら人物の下絵を描いていきます。

下絵にトレーシングペーパーをマスキングテープを使って仮止めして0.2mmのシャーペンでトレスします。今回はトレス1回でスキャンして後はデジタルでやろうと考えました。絵によっては2~3回トレスと修正を行ってからスキャンします。

スキャンしてから地色を白に、線画をより濃い黒になるよう色調整をし、次に絵のフォーマットの中に位置と大きさを調整して配置します。縦構図の絵は写真の2:3のフォーマットが慣れているのでいつもこれにしています。解像度は1600x2400で、以前はこれを完成後に50%にして800x1200で公開していましたが、今は作画の痕跡が読み取れる制作サイズで投稿しています。

スキャンした絵が傾いているのは、浮揚感を演出するのに重心位置が大事なので、それを調整するためGIMPで回転させたためです。

顔がだいぶ変ですが顔はデジタルで大幅に修正可能と経験的に分かっているので先に進みます。

デジタルで線画を修正しました。顔は位置と形がかなり変わっています。靴は放送2話で大写しになるので画面を見ながら形をメモしておき、それを見ながら描き込みました。昨日の放送を見て描き込み不足に気がついたので次の作品があれば反映します。

Tシャツはアニメを見るともう少し裾が長いですが、背中が見えないとこの絵を描く意義の半分が失われるのでギリギリの妥協点をここにしました。

色塗りです。レイヤーを分けて色を塗り分け、色調整して影をつける準備をします。

髪の毛は最小限の線だけ引いておいて、あとはある程度筆任せで形を作っています。風でふわっと浮き上がる長髪とかもっとちゃんと描けるようになりたいですね。

月の円は、SAI2の鉛筆ツールを思いっきり太くして「点」として描いています。

金曜の夜に色を塗り始めて土曜の朝に月を描いて、夕方には体全体を仕上げて投稿しました。

SAIの場合は色を塗ったレイヤーの上に「下のレイヤーでクリッピング」したレイヤーを置けば、下のレイヤからはみ出さずに陰影を塗ることができます。このクリッピングしたレイヤーは1つのレイヤーに複数置けるので、例えば肌の場合影とハイライトと血色の良さを表すピンクの層を別々に作って重ねることができます。

月は自分で撮影した写真をHDDから発掘して使用。満月は登ってから沈むまで同じ円ですが、角度が時刻によって変わるので、撮影時間から実際の絵の想定時間を考えて回転変形しています。あと絵にしやすいようコントラストを変えています。このまま絵に合成しようかともおもいましたがさすがに絵で描きました。

羽毛は下書きなしで、鉛筆ツールでアウトラインを意識しながら塗りつぶして作成し、根元のファーの部分をエアブラシと筆で足して、あとは「下のレイヤーでクリッピング」したレイヤーでちょっと陰影をつけています。最後に下のレイヤーに薄くエアブラシを吹いて光ってる感を出します。

構図としては逆三角形構図で、重力を想定すると不安定に見えて動きを演出できる構図ですが、「上に落ちる」という普通じゃない重力の状況を考えてほどほどの動き感を狙ってみました。

ヴァンゲリスの『反射率0.39』のジャケットもちょっと意識してます。

髪の毛は先の方に行くほど密度が薄くなるので背景が透けて見えるように色を乗せています。自分の経験ではこれが限界><。

で、今回イラストをブログのネタにしはじめたこともありメイキングを意識して進めたのですが、記事を考えながら自作を繰り返し見ているうちに違和感がどうもある、というのでちょっとした修正を加えて再投稿しました。

www.pixiv.net

額の角度をちょっと変えるだけでだいぶ印象が変わるものです。横顔はある程度自信があったのでその油断からデッサンの狂いに気がつくのが遅れました。

しかし再投稿が課金対象というpixivの企画は鋭いところをついています。

Albedo 0.39

Albedo 0.39

桐生八木節祭りのブルーインパルス

2018年8月4日にブルーインパルス桐生市に飛来するというので行ってきた。

八木節祭りという地元の祭りで、群馬のイベントとして初めてブルーインパルスの飛行展示を招致することに成功したとのこと。

ちょうど酷暑の時期ではあったが、開催が16:30~と暑さのピークをやや過ぎた時間だったので行ってきた。

お祭りでは公共交通機関がいいだろうとネットで調べて東武線で佐野まで行き、両毛線で桐生に行った。どちらの電車もすごく久しぶりに乗った。

八木節祭りはよく知らなかったのだけど、駅からすぐの商店街で開催されていた。ショーセンターは本町五丁目交差点とのこと。

駅前には自衛隊のブースがあり、グッズを販売する店もいくつか出ていたので駅の近くに場所をとって時間を待った。

群馬地本はヘルメットやパイロットスーツで記念撮影サービス実施中。ヘルメットは持たせてもらったけどすごく軽かった。Gがかかると重さが何倍にもなるのでヘルメットの軽さは重要。

群馬地本のウイングロード2台。

八木節のメインステージ。

予定より10分ほど遅れて飛行展示開始。珍しく遅れ気味で始まったが、天気は快晴、途中中断もなく全スケジュールが無事実施された。

ブルー1番機。パイロットは飛行隊長の福田哲雄2等空佐。出身大学は放送で桐生の群馬大学と言っていたので工学部の出身。この飛行展示は母校への凱旋でもある。

平面に描いたハート。キューピッドとはちょっと違う演目。

望遠レンズでなかなか機体をフレームに入れられなかったがこれは一番大きく撮れたカット。

演目はキューバーンエイト。

夕方なので西日が当たって機体の白が映える。

最後に編隊で会場をパス。

6機があつまってRTB。タンクを積んでるので松島に直帰かと思ったら入間に戻ったとのこと。というか翌日入間から移動する途中のブルーを目撃した。

この日は足利花火大会もあり、両毛線は行きも帰りも混雑していた。ただ、桐生発佐野行きの臨時列車が桐生発だったので座って帰れたのは助かった。

ブルーインパルスは久しぶりだったので撮影はあまりうまくいかなかったが、周りの人が「かっこいー!」と素直に喜んでいるのを聞いてすごくうれしくなった。撮影だけではなく、ブルーインパルスに沸き立つ会場の雰囲気を楽しむためにこんどは出かけたい。あと周波数も次こそは捕まえたい。

MRE実食レポート

7月末の週末は台風が奇妙なルートを通って日本に上陸。北関東はどうという災害はなかったが出かける用もなかったので、2015年に霞ケ浦駐屯地の記念行事で購入したMREを食べてみることにした。

glemaker.hatenablog.com

これが全体のパッケージ。MREとはMeal, Ready-to-Eatの略で、アメリカ軍の戦闘糧食。5年保存可とのことで3年ほど非常用に食べないでいたけど、今食べないと忘れて5年以上過ぎそうなので食べることに。

開封。MREはメニューが複数あり、同じ食事で兵士が飽きることがないよう配慮してある。今回のは売店の人が「割とマシ」と言っていたので選んだローストビーフ(戦闘糧食なのである程度まずいことが前提)。

右端のボール箱が野菜つきローストビーフ。中央下からブラウニーのケーキ、クラッカー、オレンジジュースの粉、スプーン・調味料・紙ナプキン等の小袋、スプーンの左はいちごジャム。左側の緑っぽいグレーの袋はガーリックマッシュポテト。

左上のナイフは開封に使ったアル・マーのホーク・ブラックパールで当然MREに同梱されていない。

ローストビーフの成分表示。

ブラウニーケーキの袋。

ガーリックマッシュポテトは成分表を印刷した紙が別途ついてる(なぜか2枚入ってた)。

ローストビーフの箱にはちょっとした注意書きが。表題に「軍用レーションは高機能食品」とある。左端の文章は要約すると「訓練、展開、戦闘にはとにかく食え」とある。

中央の図は「食事>エネルギー>最高のパフォーマンス」というストレートな表示。

右側は食事が不十分だとどうなるかが書いてある。「強さを失う、持久力が低下する、モチベーションを失う、精神的な警戒が低下する」とある。

要するに兵士に最高の能力を発揮させるために「とにかくこれを食え」と勧めるのがアメリカ流。

図の下に具体的に何カロリー必要か目安が出ているがMREを1日3食食べろとか野外では2800~3600kCal必要とか書いてある。外で働く若者でないと明らかにカロリー過多でおこられるw

開封して食べる準備を進める。オレンジジュースは冷えた水でもそこそこ溶ける。飲み物はほかにコーヒーが砂糖、ミルクつきで用意されている。

皿に野菜つきローストビーフを乗せる。野菜に隠れてるけどビーフはそこんそこの量がある。

マッシュポテトも盛る。本当にニンニクの臭い。特に暖めずに食べたけど、まずいということはなく普通に食べられた。ただし毎食これだときついだろう。

正直ローストビーフとマッシュポテトで腹いっぱいなのだが、まだクラッカーとブラウニーがあるw

クラッカーはジャムを乗せてなんとか食べられたけどブラウニーはしばらく時間をおいて食べた。

3年保存後でもこれらは品質に何も問題なった。

ただ、コーヒーとミルクは袋を開けたらペースト状になっていて、嫌な臭いはしなかったけどちょっと心配なので飲むのをやめた。

MREは2016年にも1食手に入れているので、機会があったら開封したい。

武蔵野線大宮支線の地上トンネル

「災害レベル」と言われた今年の7月の暑さ。さすがに月末になると台風が来たこともあり外を歩ける気温になった。

そこで、以前から計画していた散策コースを歩いてみることにした。

場所は武蔵野線大宮支線のトンネル区間

武蔵野線は貨物列車が都心を迂回するために建設された経緯があり、東海道線、中央線、東北本線常磐線などと線路がつながっている。このうち東北本線に接続する大宮支線は、西浦和武蔵浦和間で上り下りとも分岐し、中浦和駅手前で合流して大宮台地を貫くトンネルに入る。トンネルは北浦和〜与野間で地上に出て大宮駅で東北本線に合流する。

大宮支線は主に貨物列車が走っているが、客車も日に何本か走る。大宮側からホリデー快速河口湖に乗って立川まで移動したことがある。特急列車の車両に座って乗り換えなく移動できて快適だった。列車は大宮を出てほどなくトンネルに入り、次に出たときはもう中浦和をかすめて武蔵野線である。

このトンネル、列車からは1本のトンネルに見えるが、実は南北の2本に別れている。基本的には大宮台地を潜っているのだが、別所沼につながる低地の区間は地上に一度出る線形となっている。

ところが、このあたりは住宅地であり、夜中も走るであろう貨物列車の騒音に配慮してか、地上区間はコンクリートの函ですっかり覆われている。そして、住宅地に直線状に続くコンクリートの奇妙な壁があると話題になっている。

まずは京浜東北北浦和駅に移動。今年の大洗のポスターは水着じゃなかった。

近くの埼玉県近代美術館は浦沢直樹展を開催中。

すごく久しぶりに降りた北浦和駅。アニメ『浦和の調ちゃん』の舞台にもなった。ここからの写真はGPSによる位置情報つき。

国道17号を南下し、りそな銀行のところの交差点を渡り、Googleマップを見ながら線路の上あたりの細い道を南下。交差点に両方がらせん階段の歩道橋があった。

そして到着。道路の向こうに三角形のスペースがあってその先の壁高欄の位置がトンネル抗口。

振り返るとトンネルの上の土地が駐車場になっている。

土地の利用状況から推測すると駐車場の位置までが開削によるボックスカルバートでその向こうはシールド工法だと思う。

「壁」に沿って歩くと歩道橋で渡れるようになっていたのでその上から。天端は防水のためアスファルトのようなもので覆ってある。

南の方を見るとツタが生えている。

側面はほんとうに何もない壁。本格的なコンクリート構造のボックスカルバートと推測。

2本目の歩道橋。写真で分かるように、歩道橋は函体から独立した構造になっていて一切接触していない。

住宅地の路地と謎の「壁」が交錯する場所。

南を見ると比較的新しい道路橋が上を跨いでいる。この橋も「壁」とは独立した構造で接触していない。

橋をくぐると3本目の歩道橋が。その先で地上区間は終わり、2本目のトンネルが始まっている。

その歩道橋の上から。民家と道路橋をギリギリで「壁」が通っているように見えるが、もちろん「壁」が先にあって橋や住宅があとからできたもの。

南を見ると函が地面の中に続いていて抗口がどこかはよくわからない。

このへんまで来ると函の天端が腰ぐらいの高さに。杭があるところがトンネルと地上区間の境界かもしれない。

そして抗口の上の道路から。「壁」の場所がJR東日本の私有地であるという看板がある。

こちらのトンネルも上の土地が宅地として利用されていて、工法が開削なのかシールドなのかちょっと分からない。区間が短いし深さも浅いので開削のような気はするが。

さらに南に歩くと南側の抗口に到着。遠くに埼京線中浦和駅が見える。

抗口が見える道はこの通りの急な坂で、大宮台地の端部となる。

階段を降りてみたら台地と低地の境界によどんだ川があって一気にテンション上がる。土地の高低差と水のあり方が理屈の通り。台地の縁は多分水が染み出していて川としてしか利用できないのだろう。

下流側を見ると大宮支線はトンネルを出てすぐにギリギリの高さで川を跨ぐ橋になっている。

この川をたどると水源の湧き水とかあるのだろうかとGoogle Earthで調べてみたが、川はさいたま新都心で暗渠になっていてそれより上流は辿れなかった。支流に湧き水がないかもう少し調べたい。

中浦和駅まで来ると、ちょうど大宮支線を走っていく貨物列車が見えた。

中浦和駅の改札は初めて利用する。

ホームから南西方面、大宮支線が2本に分かれてそれぞれ武蔵野線の方へ伸びている。

反対側を見ると、大宮台地がホームの高さより少し高い標高で存在するのが分かる。そこが浦和の市街地となっている。

左下に、中浦和で高架だった大宮支線が高さを変えずにトンネルに入っていくのが分かる。

大宮台地は起伏に乏しい関東平野の中でも比較的ダイナミックに高低差が見られる場所。北は行田市の埼玉古墳群のあたりから始まり、東北本線に沿って川口まで続いている。

武蔵野線大宮支線は南から大宮台地の与野支台と浦和大宮支台をトンネルでくぐって東北本線に合流する。2つの支台の間が地上トンネルとなっている。2本のトンネルは与野支台をくぐるのが与野トンネル、浦和大宮支台をくぐるのが浦和トンネルというらしい。

また面白い地形が分かったら行って報告したい。

模写をしよう(その2)

前回に続いて写真の人物を模写する話。

glemaker.hatenablog.com

最近描いたものがあるので工程を前よりもう少し具体的に書ける。

まずは見本と模写の写真。道具は「大人の鉛筆」と消しゴム。あとクロッキー帳。

見本と比べると誤差が多くて見せるのをやめたくなるがそこをぐっとこらえる。

絵の大きさはこの通りで、だいたい20分ぐらいで描くのであまり大きくしない。

クロッキー帳はマルマンのLS-02というもので、大きさはA4より二回り大きい。

スキャナーで読めるサイズがA4までなのでそれに余裕を見込むとこのサイズがちょうどいい。1ランク小さいのも使ってみたが狭くて描きずらかった。一方このサイズだとたびたび端の方がA4からはみ出すのでスキャンしてからデジタルで描き足すことになる。

大人の鉛筆は削らなくても芯だけ繰り出すことができるエコな鉛筆。これを使うと不思議と絵が上手くなったような気がする。

シャーペンに比べると線が太いことと、筆圧により濃淡をつける程度が大きくなるのが多分その理由。特に線が太いことは重要で、太い線で描けばその中に正解の線がある確率が高く、目で見るときは太い線の中から正解の線を補完して見ることになるので上手く描けたような気になる。

消しゴムは学用品として売っている普通のプラティック消しゴム。

さて、見本と道具が揃ったら始める。

まず輪郭を描く。

中身の人間をちゃんと描こうと思ったら、輪郭が正確でないといけない。正確な輪郭であれば中にまともに人を描ける可能性があるが、逆はない。

という話とは別に、人の脳の情報処理の話もあり、顔に注目して描こうとすると顔を記号として脳が処理するため、各要素の二次元座標を忠実に拾うのが難しくなる。

だいぶ前から経験的にそれが分かっていたのだけど、前に言及した『脳の右側で描け』という本はそこを「Lモード」、「Rモード」という言葉で分かりやすく説明している。

もっとも40年も前の科学的知見に基づく本だから今では厳密にはあまり正しくないかもしれない。しかし、実感として、脳の情報処理モードに「Lモード」と「Rモード」の2通りがあるのはなんとなく分かる。

輪郭については、とにかく背景と人物の境界に着目し、まず両肩の幅を抑え、次にそれを底辺として、頭の位置がどのあたりかというのを抑える。幅と高さが掴めればプロポーションが大まかに分かる。あとは左右の境界線の微妙な凹凸を目で追い描いてゆく。

もちろんXYプロッタのように正確になぞるのは無理。場所を把握できた点を紙に打って、さらに違う場所を把握して、を繰り返して輪郭を描いてゆく。

アウトラインができたら中を埋めていく。

服の袖の皺などは位置をつかみやすいので早めに描いていく。帽子もアウトラインがつかめれば、相対的に内側の境界線も見えてくるのでそれを描く。

髪の毛はアウトラインを構成する部分を先に描いて、次に肩に落ちるところを描いていく。肩のどの位置に髪がかかっているのかをできるだけ正確に抑える。帽子と髪の間に顔があるので、これらが正確なら顔も正確に描ける。

帽子のテクスチャを書き込んだり服のニットの線を入れたりして適度に頭を休めつつ、髪の毛を細かく描いていく。

前髪の下端と、左右の顔との境界は顔の輪郭に対して「ネガのスペース」なので、髪の形をじっくりみてできるだけ正確に描く。

「ネガのスペース」とは、『脳の右側で描け』でベティ・エドワーズ氏が使っている言葉で、「ポジのフォルム」の補集合。顔本体が描こうとするもの=ポジであり、そのフォルムを描くのだけど、「ポジのフォルム」の境界は補集合である「ネガのスペース」の境界と等しいというのがこの本の主張。

補集合を押さえれば残りが集合なわけで数学的にも正しい。

ということで、図のように、前髪の下端と、髪の左右の形を正確に把握して描いてゆくと徐々に顔の輪郭が形成されてゆく。

左右の端部ができると、顎がどの位置かも見えてくるので描く。この際は襟との間に描かれる首の形が見本に似るようにする。首もまた顔に対する「ネガのスペース」として機能する。

顔の輪郭ができたら、あとは見本を見ながら目鼻を描いていけばできあがり。

ネガのスペースを形作っていく間に輪郭が正確になり、絵の中で顔がどのように位置しどこを向いているのかがつかめてくるので、顔のパーツはあるべき位置に自然と収まる。

とはいえ、「あるべき位置」が見えるようになるには経験が要ると思うので、輪郭ができたら眉の位置を抑え、口の位置にあたりをつけ、上瞼の線をじっくり見て同じになるように描き、というふうにパーツの細部ごとに描いていくのが初歩の練習だと思う。

なお、写真にもあるように、この大きさの顔だと顔パーツは「大人の鉛筆」の芯の下にかくれてしまう。なので、顔パーツをらしく描いていくのは本当に経験と勘の世界。唇の間から覗く歯、瞳の上のハイライトなども、芯の下で見えないところに力加減で描いていく。

もちろん、慣れない人は、鉛筆の芯を研いでシャープな状態で描くことをお勧めする。

芯が丸い状態で力加減だけで描くというのは研ぐ手間を惜しんでいるにすぎず別に偉くない。

なお、実はビギナーに特に難しいのは鼻ではないかと思っている。鼻は顔の真ん中で盛り上がっているし、下に穴が2つある。ところが、鼻の立体感を鉛筆で書き込んでいくと、特に若い女性の顔は容易に破綻してしまう。

鼻の立体感を意識しながら、写真で見える鼻の穴をピピっと描いて、端の谷の線をちょっと足して、目の間に鼻筋を少し描いて、それ以上描かない、というのがこの絵で発揮した鼻スキル。

リアル人間は参考とすべき写真があるからいいが、二次元の美少女の鼻はどうあるべきか、は非常に難しい。「忘れ鼻」という、見た後に印象が残らないのが美人の鼻であると昔から言われる。しかし、目鼻立ちが整っていることが美女の条件であるなら、鼻の描写から逃げるわけにもいかない。二次元美少女の鼻はずっと取り組んでいる答えが見えない課題。

現代は写真が容易に手に入る。美術の先生は立体物のデッサンを勧めるかもしれないけど、目標が2次元美少女なら立体を直接見て絵にすることにさほどこだわることもないかと思う。もちろん機会があれば立体のデッサンに取り組むのもいいけど、アトリエに行く機会がないような場合は、手近な写真を模写する方が、何もしないよりずっといいと思う。

デッサンについて話せることは以上。

なお、自分はきれな線は描けないので、イラストや漫画の「ペン入れ」に関することはお話しできない。次にイラストについて語るとしたら多分彩色のことになると思う。

マルマン スケッチブック クロッキー帳 白クロッキー紙 ブルー SL-02

マルマン スケッチブック クロッキー帳 白クロッキー紙 ブルー SL-02

北星鉛筆 大人の鉛筆 クリップ付き OTP-680NCP

北星鉛筆 大人の鉛筆 クリップ付き OTP-680NCP

トンボ鉛筆 MONO 消しゴム モノPE04 JCA-311 3個入

トンボ鉛筆 MONO 消しゴム モノPE04 JCA-311 3個入

今期見るアニメ

今年の7月~9月期は毎週これを見る予定。

今期は22本。これぐらいがちょうどいい。

先日ノートPCを手に入れたので居間で録画を見ながら更新してみる。デッキの録画リストを見ながら上記を書いたので後で追加とかしないでよさそう。

以下新番組+αの寸評。

『音楽少女』

新しいアイドルもの。タイトルがストレートすぎる。本編は予算少なめだが見た印象は悪くない。

はるかなレシーブ

今期のきらら枠はスポーツものでネタはビーチバレー。ビーチバレーはある程度の肌の露出が決まりなので毎回水着回という。中身はスポーツものというより女子の友情もの。きれいな絵とやや闇のあるキャラがいい感じ。というか今期もっともいいアニメのひとつ。

あそびあそばせ

3人の少女が白ワンピースで戯れる極楽のようなOPからひどいギャグへ。白泉社の漫画が原作で監督が岸誠二とかもうw

4話とかゲームやりながら見てたのに激しく笑った。

『邪神ちゃんドロップキック』

Anime Japanで絵を見たときは可愛くてたまらないと思ったが始まったら撲殺天使ドクロちゃんのノリだった。

神田と秋葉原が舞台で露骨にタイアップしてるw

ちおちゃんの通学路

あそびあそばせは原作者が女性ではという感じが強くこちらは男が書いてそうな女子高生ギャグ。監督はジュエルペットサンシャインの稲垣隆行氏。

ヤマノススメ サードシーズン』

スマイラルアニメーションから3期。ちょっと絵が変わった感じがするけど順調に面白い。

『ISLAND』

エロゲ原作っぽいアニメで声優がかなり豪華。シリーズ構成荒川稔久、監督川口敬一郎という俺得コンビ。


『Back Street Girls ーゴクドルズー』

タイトルから想像される通りのアニメだったw 予算を使いすぎない劇メーション仕様だけど毎回確実に笑わせるのはさすが。

魔法少女 俺』

好評につきBSフジで全国放送w 録画してありがたく見ている。

『七星のスバル』

ライトノベル原作の異世界ものっぽい世界の話だけど実は没入型ゲームの話。やや.hackみたいな感じ。

小学生の友達が死んだけどゲームにいたという設定がやや不思議な感覚を残す。あと旭姫の声がかわいい。

この作品をどこまで気にいるかは今後の展開しだいか。

ハイスコアガール

1990年代前半が舞台のゲーム漫画のアニメ化。ゲームのだがしかしだな。

『アンゴルモア元寇合戦記』

キングダムみたいなのが始まった。リアルよりマンガ寄りの作風だが合戦をちゃんと描くようで面白い。

『ハッピーシュガーライフ』

魔法少女サイトはいかにも「怖い話やりますよ」という感じだったけど、こっちは可愛い絵柄でやってることはエグいという、むしろこっちが体に悪いアニメ。ここから毒を抜いていくとはるかなレシーブにつながる感じ。

『殺戮の天使』

これもタイトルがストレート。あらすじもピンと来なかったので一度予約を消したがBS11の新番組紹介で見たPVの印象が良かったので見てる。

レイチェルのかしこさとザックのアホさがきわだつ。かしこいけど闇を抱えたレイチェル、アホで人殺しだけど根は純真なザックというコンビは自分が女子中高生だったら相当ハマったかもしれない組み合わせ。

女子中高生じゃなくおっさんなのでまだアニメで明らかにされないことをいろいろ考えながら二次創作に取り組んでいる。

chromebookにペンタブ繋げたら普通に使えたので1枚描きました。筆圧も有効になってます。sketch.pixiv.net

「見知らぬ場所で記憶をなくして目覚めたレイチェルは、鎌を持った殺人鬼ザックと会う。ザックを外に連れ出す代わりに自分を殺してもらう約束をする」というあらすじから簡単に連想されるよりは深く考えてある作品のように見える。

レイチェルが自分を殺してほしいと願うようになったきっかけは1話でダニエルから両親が地獄で待っていると告げられれたとき。2話ではその「場所」に来た人物のデータシートを見て、ここで自分がなぜここにいるのかを理解したように見える。その後より強く、自分を殺してくれとザックに願うようになる。

同時に、2話で「自殺しないのか」という問いに「自殺はだめ、神様がそうおっしゃてる、から?」といった返事。はっきりとした自覚はないがカトリックの価値観を強く持っているように感じられ、そういうのは家族の影響が強いから、両親を亡くしたことと自分が死にたいということに強く関わっていると考えられる。

その死生観では自殺は地獄逝き確定なので、そうならないように死にたいというのがレイチェルの願い。だからといって誰かれかまわず自分を殺してくれと言ってそうしてもらうのは自殺の延長でしかない。

ここでザックがよりにもよって、「絶対お前を殺してやる。神に誓ってな」と言う。それを聞いたことで、レイチェルはザックに殺された場合のみ、自分の意思で死んでも神に許されると確信するに至る。「殺戮の天使」はレイチェルではなくザックだったという。また、ザックに殺されるまでは絶対殺されるわけにはいかない、という逆説的な生への執着が生まれる。

ここで天使についてちょっと調べるわけだけど、羽を生やした子供、というイメージはキューピッドと融合したという話で、青年の姿をとることもあるという。

この先の展開がわからないけど、もしかしたら、レイチェルが死にたいというのは、人生をなげうってでも、神に聞いてほしい話があるのではないかという気がする。それは、囚人服モチーフの白黒ストライプの服装からしても、レイチェルが背負った「罪」に関するものなのだろう。

レイチェルがかしこいかわいいでED曲も切なくていいので今期一番楽しみに見ている。

gamemaga.denfaminicogamer.jp

小名浜日帰りドライブその3(塩屋崎灯台)

小名浜港から、もう一つの目的地、塩屋崎灯台に移動。

ナビで位置を確認してルート設定。基本的には海沿いに北上するだけだが海沿いの細い道とやや陸側の新道がありナビがなかったら多少迷ったかもしれない。

知らない道で、すれ違える道が続いているのか、行った先に駐車場はあるのかといった不安事項があるものの、着いてみれば狭いけど駐車場が普通にあり一安心。

灯台への登り口。

細い坂道を登ってゆく。愛宕神社よりちょっときつい感じだろうか。

到着。あとで調べたら40mぐらい登ったらしい。

岬から南を見る。砂浜は人がまばらでゆったり泳げる。途中防潮堤が整備されていて道が新しくなっていた。

そして200円の入場料で灯台へ。入場は15:30までなのでけっこうギリギリだった。

灯台は1899年に建造され、1940年に鉄筋コンクリートで建て替えられて今日に至る。戦争中攻撃されたり、また、東日本大震災では運用を停止して3年ほど観覧できない状態になっていた。

「こんど小名浜に行ったら灯台に行こう」とずっと思っていたのだが、2014年に一般公開再開のニュースを聞いてそう思ったのを覚えていたらしい。

灯台は中のらせん階段を昇って柵のあるテラスに出られる。

出口は北を向いていて砂浜に打ち寄せる波が見える。海水浴場はオープンしているが人はまばら。新たに工事して高さを増した防潮堤が見える。

中はランプ部がちょっと見える。

中のらせん階段はこんな感じ。

というか灯台の上は高くてすごい怖かった。人がいなければ外に出て一周回れたかもしれないが、何人か人がいて、すれ違いながら回るとか絶対無理。

下に降りてから「安全帯があれば手すりにかけて回れたはずだ」などと考えたがまあ強がりだろう。

灯台は灯りの高さが海面から73mとのこと。そりゃ怖い。

無事降りてきたのでいざ帰路へ。

帰りは国道6号で日産いわき工場の横を通って、勿来インターから高速へ。北関東自動車道で日産栃木工場のそばも通るから勝手に「日産ルート」と呼んでいる。いわき工場で製造されたVQエンジンが宇都宮工場でインフィニティの車体に搭載され世界に輸出されるので実際日産にとって重要なルートだ。

帰りは壬生PAで一休み。壬生ゆうゆという萌えキャラがいるとは。おもちゃのまちはまたこんど行ってみたい。

そして日が落ちつつある中を家路に。帰りは特に渋滞などなかった。

ノートPCを手に入れたので手軽にブログが更新できるようになった。

今までも定期的に更新してきたけどこれからも続けていきたい。